2006年10月20日

ケツ毛バーガー事件に、やっと気づいた。

最近、CLIE の不意のバッテリ切れに ニュー速めぐりをおろそかにしていたのでキャッチがだいぶ遅れて祭りも終わったわけだが、namuko の日記でやっと気づいたわけで。

まとめ記事
などをみると、(彼氏選びを間違えたとはいえ)被害者女性に同情してしまう。


そして、彼氏の 問題写真撮影性癖、ファイル交換ソフト利用、Virus 感染が重なったことがそもそもの原因で、問題画像の WEB 流失を招いている。
彼について一切の同情の余地はない。アフォすぎるのだ。


また、公器の記者が雑誌、新聞に掲載したとなると、やはりこれは問題だ。話題欲しさにそれを広めたというのは悪質である。


情報を広めたユーザに対しては、まぁ、野次馬のいつもの祭りと同じなので仕方がないといわざるを得ないだろう。
ある情報に関して交換・共有し、楽しむという行為について、どこまで規制できるのかといった具合だ。逸脱行為があればそれは別問題であろう。



さて、問題点のもう一端は実は Mixi にある。
* 本件では 問題の主役ではなく、あくまでサブ的な存在である。


Mixi の前提は本名公開。クローズドでセキュアなコミュニティのはず。
私はまったく疑ってかかり、本名公開していないわけだが、結局この女性は Mixi の謳い文句を疑うことなく本名公開してしまったことでここまでことが大きくなってしまった。

が、結局 Mixi の技術力では、上記の状況は作り出せていなかったわけなのだ。そして、その修正も出来ないことが明白になった。

更に、ネカマや問題人物のかく乱作戦に載るあまり、無関係のMixiユーザを削除してしまったのだ。なんとまぁ頼りないことか。
SNS の雄、Web 2.0 関係ではよく紹介される Mixi ではある。私も便利さを楽しんでいるさなかであった。これからどう進むのか。
見ものだ。


posted by masayu-i at 12:22| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | ・DQN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こっちは益々参考になりますな。

http://www.nikaidou.com/clm1/0610/061002.html
Posted by masayu-i at 2006年10月20日 17:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。