2007年03月01日

[写真] ネコ。 1000万画素の恩恵?

ayame の実家のネコ。
(photo by ayame : camera / DSC-U20 (Cybershot U20 33mm 固定)* 2005年撮影)

DSC02397.JPG

野良?
(photo by masayu-i : camera / SIGMA SD9 (17-35mm)* 2005年撮影)

IMG04173.jpg


古い猫写真をもってきて何をする気かといえば、画質談義である。
もちろん SIGMA SD9 の猫もいいが、 U20 も案外がんばってるという感じがしないでもない。

さて、何と比べてがんばっているかというと、 DMC-FZ50 という、松下渾身の最新1000万画素、ハイエンドコンパクト機と比較して・であるから驚きである。
下記にサンプルをご紹介しよう。

http://panasonic.jp/dc/gallery/sample/fz50/P1000117.JPG

ナニコレ…
ノイズを塗りつぶすためのリダクションがかかりまくってて全体的にゴワゴワすぎ… orz

元ネタは おなじみ、田中大先生のブログの下記エントリーである。

http://thisistanaka.blog66.fc2.com/blog-entry-106.html


機種は違うが、1000万画素機の悪しき証左である。

そこで 200万画素機かつ、ローエンドコンパクトの U20 に登場いただいたわけだが、等倍では ド素人の ayame が、片手持ちで暗い民家で撮影したテキトーな猫写真のほうが、最新ハイエンドコンパクトの FZ50 のレフ板やら撮影条件を整えた写真よりも解像感があるのだから やっぱり ヘコー である。

トータルで見たい場合の解像ぶりはさすがに物量の勝利で 1000 万画素機であろうが、200万 vs 1000万 ほどの解像感の差にはならないのは、等倍比較で実証済みである。


さて、田中先生は具体的に G7 を挙げていらっしゃる。

> さてこのG7の素晴らしい写り具合を見て、
> それでもまだ、300万画素のほうがイイのだ、とガンコに言い張るのでありましょうか

確かに、G7 のこのサンプルからは(ダイナミックレンジは微妙だが)ヒットしたときの解像感のよさは十分に感じられる。
これならば(ダイナミックレンジは微妙だが)旧300万画素コンパクトと比較して劣るなどという心配は無いように思う。

http://cweb.canon.jp/camera/powershot/g7/data/G7_l2.jpg

と褒めつつ、やはり大きな弱点が見つかった。
紫の花の解像だけが極端に低く、つぶれてしまっている。
やはり、色々無理をしているのだろう。

http://cweb.canon.jp/camera/powershot/g7/data/G7_l3.jpg


ダイナミックレンジ低下やノイズ増加は画素数増加に伴ってより悪化する傾向があるのを、デジタル処理で何とかしているのが実情のようなので、500 万画素でよいから、それらの欠点が大幅に解消されている機種があればと思ってしまうなぁ。


posted by masayu-i at 03:08| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ・写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うおー。ナナシだ。
かわいいー♪こんなに可愛い猫なのに、前回(だいぶ前)不評だったよ?
でも、野良と並んでいるのが微妙な・・・
Posted by あやめ at 2007年03月01日 05:59
かわいいショットを選んであげたんですよ(笑
正面のショットはあまりにアレだったんで・・・orz
Posted by masayu-i at 2007年03月01日 09:54
> 画素数増加に伴ってより悪化する傾向があるのを、
> デジタル処理で何とかしているのが実情のようなので
>
あるあるあるあるw

> 万画素でよいから、それらの欠点が大幅に解消されている機種が
>
ヒント:マーケットが馬鹿すぎ...orz


正面のショットもきぼんw
Posted by オガワ at 2007年03月02日 00:41
正面、載せましたので、どぞ。
Posted by masayu-i at 2007年03月02日 02:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。