2005年11月26日

【マスゴミの現状】 なぁに、かえって免疫力がつく?

タミフルや寄生虫卵入りキムチを必死に擁護する東京新聞の怪しい記者↓

『キムチは最近、寄生虫卵騒ぎで不評だが、なあに、かえって免疫力がつく。』
http://www.tokyo-np.co.jp/00/hissen/20051124/col_____hissen__000.shtml

国内で食品への異物混入があってもこんな擁護はしないだろうなぁ。
東京新聞さん。どうなっているのですか?


* よりまともな批判をしているブログはこちら
http://www.gamenews.ne.jp/archives/2005/11/post_182.html

* なぁに、かえって免疫力がつくのガイドライン
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/gline/1132824482/



ほかのテレビ・新聞メディアにもあてはまるが(NHKふくむ)朝鮮のことは決して悪く言わない。一切、マイナス面は報道しない。
良いことがなくても、でっちあげて報道する。
かたや自国については、やっていないことまで捏造して批判する。
これ、完全に病気でしょう。
かえって免疫力がつく・どころか、免疫ゼロ状態であきれますわ。
確かにわれわれのマスゴミに対する免疫がつきまくりですけどね (´・ω・`)


あと、ソニーBMG の訴訟問題(損害賠償35兆ドルといううわさ)、ヒューザーのオジャマモンに隠れてぜんぜん目立った報道が無いですが、どうなっとんですか、テレビ・新聞各社。

報道の公正性とか 1mm も無い(0.3mm 以下)なのはどうなってんですか。

現在の報道機関各社(テレビ・新聞)は偏りすぎています。
こんな連中に報道権・報道の自由を行使されると、されるだけ害になります。

こんな連中は、疑いの目をもって生暖かく見まもりましょうね。


posted by masayu-i at 13:04| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(1) | ・DQN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
原発で放射能漏れが頻発だそうだ

なあに、かえって免疫力がつく。
Posted by zz at 2005年11月26日 13:59
被害者の実名報道の件といい、「?」と報道機関各社(テレビや新聞)には首を傾げるようなことが多い昨今。今件のような話では、新しいメディアとして力をつけつつあるインターネットの勢力から叩かれても当然でしょうね。

「マスコミは最近、偏重報道で不評だが、なあに、かえって免疫力がつく。」

……つけられちゃ困るんですが:P
Posted by 不破雷蔵 at 2005年11月26日 14:28
不破雷蔵 さん

すばらしい記事にリンク(+トラバ)させていただき恐縮のところ、コメントまで頂き、ありがとうございます。

”海外勤務健康管理センター”にて、気になる情報があるのですが、以下を読むと東京新聞の浅はかさが逆に恐ろしくてなりません。

経緯:『輸入キムチが有鉤条虫に汚染されていた可能性が疑われたが確証は得られなかった。』

症状:『幼虫が寄生する部位により、皮下腫瘤、石灰化(最も多い症状で、皮下あるいは筋肉内の寄生)、痙攣、頭痛、めまい、運動麻痺(脳内寄生)、視力障害、嘔吐、失明(眼球内寄生)などの症状が出現する。 』


http://jomf.health.co.jp/report/kaigai/19/worm/b/b2/b2-2.htm
Posted by masayu-i at 2005年11月26日 18:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

対岸の火事とでも思っているのか……寄生虫卵入りキムチを食しても「なあに、かえって免疫力がつく」
Excerpt: 【東京新聞】の社説(コラム)の表現がネット上で物議をかもしだしている。最近の鳥インフルエンザやインフルエンザ治療薬の「タミフル」騒ぎを「情報パニック」と称し、そんなにおびえるなど莫迦莫迦しいとでもいう..
Weblog: Garbagenews.com
Tracked: 2005-11-26 14:25
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。